2017-10-21

ポケットを作る



『イラストを刺繍したポケットを作ってどこにでも貼り付けよう』
企画です。

エコバッグといえども、
スーパー用か図書館用か、はたまた洋品雑貨用かで作りがちょっとづつ違うけど、
ポケットだけは全世界共通。
ということでこのような企画に。




技法はブラックワークです。
生地は12目/1cmのリネンを使います。
布の周囲をジグザグミシンで縫って、生地端に綿テープを縫い付けます。
綿テープは手芸屋さんの手芸道具コーナーにあるやつです。
ほんとは何に使うのかわかりません。。




リネンに図案を移す時に、チャコペーパーだと色が乗りにくいので、
カーボン紙を使ってます。
後で消えないからブラックワークの時だけ、
あんど、失敗厳禁です。




木枠に張ります。
木枠の幅がメーカーによってマチマチなので当たり外れがあります。
絵を描くには幅が広い方がしっかりしてて良いですが、
刺繍するには細い方が刺繍範囲が広く取れて良いです。
あと 裏の糸処理などで、木枠を頻繁に裏返すので、
立派な杉材の重い木枠にすると二の腕の筋トレになって良いです。
今回はF10号を使います。




生地がノリ無しの柔らかい生地だったので、
たくさん画びょうを打ちました。
4辺の中央から、それぞれ対極どうしを止めてゆきます。
けっこうどんな生地でもこの方法でピシッと張れます。

16cm角のポケットが縫い代含めて4面入りました。
一枚図案が余ってます。どうしよう。。




糸はメトラーのコットンキルティング糸を使います。
コーティングされてるので(多分)、
手首の回転運動で糸がくるくるになることが無いです。

ちょっとした贅沢と思って
18Kゴールドメッキの刺繍針を買って使うのを楽しみにしてたのですが、
ちょっと太かったのでこれには使えないみたいです。
贅沢をせずにいつもの手に馴染んだ針を使うことにします。。
号数は22番です。