2017-12-09

シルクについて考える



ピースシルクについては追々検討してみることにして、
すでにある物で使い道のなくなった物を助けられないかと、
京都の織元さんの保管品を譲り受けてみました。

名付けて『混沌から美を!』作戦。




ざっと並べたらこんなにありました。
カイコが出てきたらどうしようと思ったけど、大丈夫でした。




繊維が細すぎて、
手には引っかかるし風で飛んでくし、
糸より先に自分がぶちキレそうになりながら、
カセを取り直し、




シルク用洗剤で洗う。




長期保管品ということで、
色が変色している物もあるのですが、
虫食いとか糸の強度は大丈夫そうです。
色々言うけどやっぱりツヤツヤすべすべでうっとりします。

お釈迦様は、衣服は絹でも綿でも素材にこだわらず、
ぼろぼろになった物を着るのが良いと仰られていて、
手に入った物をありがたく頂いて、
どれだけ生かせるのかが大事だなと思います。