2018-05-10

作品を取りに行く



春の創展は、
1200名余りの来場者数だったそうです。
足を運んでいただいたお客様には心より感謝いたします。

今日は作品を、会の指定搬入業者さんのところへ引き取りに行きました。
株)アーチストスペースさんで、埼玉県の草加市にあります。
車で行ったらすごく近いんですが、
搬出代ケチケチ作戦で、電車と徒歩で行きました。
最寄り駅は谷塚駅。




目下のところ気になるのは、
畑のトンネルの作り方だったり、




風除けの仕方だったりで。
支柱4~5本と筒状の袋で囲う形をアンドンっていうんですって。
確かに行灯です。
中身はメロンですね。





こんな田園風景を楽しみながら、20分ほど歩いて行きますと、
突如画材屋さんが。
中が広くて、画材とたくさんの額縁がありました。

搬入搬出代をケチケチしない場合は、
業者さんにお願いすることになるのですが、
公募展の際は、玄関先まで取りに来てもらって、
梱包とかせずそのまま運んでもらいます。

今年の秋は自分で運べないくらい
大きい作品が作れたらいいなと思っています。




ねぎ坊主もそう言ってます。