2017-07-21

ビーズクラッチ発売される

 Queue

鎌倉はQueueにて、
ビーズクラッチ発売です。
いつもながらに素敵な紹介文を書いていただいております。😃

見に行くだけでも是非是非。

Queue

鎌倉市御成町5-25
0467-61-1750



2017-07-16

コースターでは無いを作る



すっかりとん挫してしまっていた'not coaster' シリーズですが、
ご注文を頂いて、'not coaster no.3'をリバイバル中です。


not coaster No.3


左側は普通のテントステッチ、
右側はスミルナステッチという技法で刺繍してあって、
質感違いで対になっている作品です。

スミルナステッチは毛足の長いステッチ全般を言うようなのですが、
ここで使っているのは、



棒針3号に糸を巻き付けながら


このような順序で刺してゆき、


後で棒針を抜くとパイル状になるというステッチです。




ふかふかです。





2017-07-12

2017ビーズクラッチを仕上げる


今年手に入れた憧れのミシンで縫っていきます。


ニードルポイント刺繍の作品で、
107番目と108番目になります。

外袋と内袋をつなげて縫って、最後にひっくり返す作りなので、
毎回ドキドキです。



green-green

107番目
'green green'

moon

108番目
'moon'

green-green-shouldermoon-shoulder

ショルダーにするとこんな感じです。
大きさはいつものiPadが入るサイズ、
他の仕様もいつもと同じです。

back

後ろはラセッテー(墨田区産エコ豚革)黒。


内布はコットンツイル(ベージュ)。



実のところ
作品を作るたびに一度落ち込んで、
寝かせている間に客観視できてくると、
そんなに悪くないかも。。。と気を取り直し、
出来上がったら
カワイイの出来た!という
サイクルを繰り返しております。

結果は一緒なのですけど。






2017-07-08

ビーズクラッチ::moon刺し終わる


moon


イメージは「月」で、


moon


明るい夜空に


moon


光の玉がゆらゆらと
あっちこっちに揺れている。

です。

ちょっと寝かせてバッグに仕立てます。



2017-07-02

ビーズクラッチ::green² 刺しおわる


green green


「緑」が刺し終わりました。


green green


遠目で薄眼で見ると、
ゆらゆらと光が揺れてるように見えたらいいなと
思っています。




次は「黄」です。




2017-06-26

ビーズクラッチを作る::green green

green green


今年のビーズクラッチは、
「光」をテーマにした図案です。

まずは木漏れ日をイメージした、
緑色の一枚。



糸はビーズに通すと、
ガラスの光沢のおかげで、
濃い色はメタリックに、薄い色はパールっぽく見えるのが、
面白いところなのですが、


刺してるうちに、
脳内で糸とビーズとが分離して、
ビーズとしての色が何色なのか良くわからなくなるので、
なかなか頭がこじれます。



ちょっと刺し直しです。




2017-06-15

キャミソールの型紙を作る


space symbol :: white


モチーフ編み「宇宙のシンボル」で、
キャミソールのヨークの部分を作っています。
アイリッシュクロッシェという技法で、
モチーフどうしを型紙に合わせてつないでゆきます。



原型作りのために、何枚か試し縫い。


この形の胸の部分にレース編みが配される、
という算段です。




2017-06-08

ビーズ屋さんに別れを告げる



ひろしまびーずさんが後継者不足で廃業ということで、
ビーズバッグに使っているビーズを、
みゆきびーずさんにお願いする。


色は同じなのですが、
ちょっと太くて短いんです。コンマ1mmぐらい。
という検討を、重ねに重ねた結果の
このビーズだったわけですが、


今思えば、見た目は全然変わりません。
というか、
なんだか欠けも無く丈夫そうです。
どちらにしてもさすが国産、粒揃いです。


今回は、
’ギョク’という仕上げの、
不透明色も使ってみようかなと思っています。






2017-06-07




すごくミドリ

そのうちアカい




すごくツキ

そのうちマルい




すごくツバメ

そのうちまた




2017-06-02

染めるを終える



ようやくピンクを見つけました。



ピンク+イエロー+ブラック、30:1:1/2を0.05%の濃度で。
かと思えば、
何かの条件が違うのか、
染めるたびに濃くなったり薄くなったりして


頭にきちゃいます。



生地も染めて、


この3色で進めてゆきます。


2017-05-24

info :: tricotin.com



というサイトのブログで


gazette.tricotin.com/2017-04-21


snowバッグを紹介していただいております。

図案は手描きの絵をパソコンでチャートに起こしたものです。
刺繍の糸は3本取りで、
色のグラデーションを出すために、
2本ピンク・1本黄色、というような感じで色を混ぜています。
どこでどんな風に混ぜたのか、今となってはナゾです。

カラーとモノクロで2つで一つになっている作品です。

snow-small-mono-clutch


ウールの刺繍はどうしても温かそうな感じがしてしまうのですが、
素材的には、軽くて汚れにくく、吸湿・放湿に優れ、
糸長も長く取れますし、発色も良く、
良いとこだらけです。




この世に2つです。
Queue/kamakura